ホームイベント・調査報告地方創生カレッジin枝幸~若者が住みたくなるまち、帰ってきたくなるまちを考える

イベントのご案内

地方創生カレッジin枝幸~若者が住みたくなるまち、帰ってきたくなるまちを考える

  
 2022年1月9日(日)・1月10日(月・祝)に、「地方創生カレッジin枝幸」が開催されます。
 詳細については、開催チラシ (2687KB; PDFファイル)をご覧ください。


開催概要


主 催 公益財団法人 日本生産性本部
事務局

有限会社イー・クラフト


豊かな農林水産資源に恵まれているが、全国の他の自治体と同様に人口減少、労働力不足に悩まされ、学生が高校卒業後に町を離れてしまうという状況の北海道枝幸町。
こういった事例と2名の講師の講演を基に、「若者が住みたくなるまち、帰ってきたくなるまち」とは何かを、枝幸高校の学生や全国の高校生を主体に考えていく。


開催日程

第1回:2022年1月9日(日)13:00~16:00
第2回:2022年1月10日(月・祝)13:00~16:00


開催方法

Zoomによるオンライン講座として開催


内容

【第1回:2022年1月9日(日)13:00~16:00】

 ◆講演 ①:

  「地方創生の新潮流:教育を通じた地域の活性化と全国に拡がる高校魅力化プロジェクト」

  ・講師:藤岡 慎二 氏

   ~他地域の方々にも枝幸町を知ってほしいから・・・「動画:枝幸町ってこんな町」(仮)~


 ◆講演 ②:

  「公営塾を基盤に進めるふるさと教育」

  ・講師:齊藤 歩 氏


【第2回:2022年1月10日(月・祝)13:00~16:00】

 ◆講演:

  「若者が将来″還り″たくなるまちづくり。人はどのような場所に集まるのか?」
  ・講師:藤岡 慎二 氏


 ◆プレゼンテーション:

  高校生が主体となって取り組んだプロジェクト活動を紹介していただく。
  ・プレゼンター:全国の高校生チーム3組(発表校調整中)

  ・進行フォロー:齊藤 歩 氏


 ◆ワークショップ:

  下記テーマについて、グループに分かれて参加者によるディスカッションと発表。
  ・テーマ:① 2日間にわたって行われた講演やプレゼンテーションに関する感想。
       ② 自分が今住んでいるまちの好きなところは何か。
       ③ 若者が将来帰りたくなるまちとはどんなまちなのか、まちの大人たちに望むことは何か。


※参加にあたっては「地方創生カレッジ」eラーニング講座による事前学習をお願いします。

 事前受講のeラーニング講座はコチラ


参加費

無料


定員

40名


申込方法・問い合わせ先

氏名・住所・年齢・職業・メールアドレス・講師への質問事項をご記入のうえ、

下記アドレスまでメールでご応募ください。

先着40名様に参加に必要なZoomへの接続方法などのご連絡をいたします。


・申込先メールアドレス:esashi@ecraft.co.jp

・担当:後藤、鈴木

・申込締切日:令和3年12月17日(金)


※お問合せもこのアドレスへお願いいたします。電話の場合は03-6260-6530(イー・クラフト)
※Zoomのインストール方法・設定のご質問には対応いたしかねますのでご了承ください。


個人情報について

「個人情報の取扱いについて」に同意の上、お申し込み下さい。
個人情報保護方針

この事例に対するレビュー






    資料等

    シェアする