ホーム日本全国 地域の宝 郷土食×地方創生まちがはぐくむ御当地料理秋田県

横手やきそば

 ストレートの太い麺を用い、キャベツや豚ひき肉、ホルモンなどを具に、甘辛いソースで作る焼きそばです。目玉焼きをのせて、福神漬を添えるのが特徴となります。
 第二次世界大戦の終戦後、横手市内で営業していたお好み焼き屋の店主が地元製麺業者とともに新メニューとして考案したのが発祥とされます。その後、まちの飲食店や駄菓子屋の一角など、焼きそば販売店は徐々に増えていき、手ごろな価格と美味しさで人気を集めるようになりました。
 2001年に提供店による民間組織「横手やきそば暖簾会」が結成され、「B-1グランプリ」への出展、グランプリ獲得などを経て地域を代表する御当地料理となりました。ブランドを守る活動として、共通デザインののぼりや販促品、リーフレットの作成などを行っています。