ホーム日本全国 地域の宝 郷土食×地方創生まちがはぐくむ御当地料理宮城県

牛タン焼き

 牛のタン(舌)をスライスしたものに、塩やタレなどで味付つけし、炭火などで焼いたものです。
 戦後、洋食文化の影響もあり、牛のモツ(内臓肉)やタン、テール(尾)などを食べる習慣が広がりました。はじめは仙台市の飲食店で「珍味」とされていましたが、低脂肪高タンパクの健康的なイメージが評判を呼び、仙台名物となりました。
 現在は仙台市内に数多くの提供店が多く存在し、厚切りの牛タン焼きとテールスープをセットにした「牛タン定食」が定番です。牛タン焼きは、仙台名物の土産品としても全国区となりました。