ホーム日本全国 地域の宝 郷土食×地方創生まちがはぐくむ御当地料理東京都

もんじゃ焼き

 水溶きの小麦粉をメインに鉄板で調理する料理。お好み焼きと比べて生地に使う水分量が多く、調味料やソースなどを混ぜるのが特徴です。鉄板の上でジュージューと焼きながら小さなコテ(ヘラ)を用いて食べるのが一般的です。
 もともとは東京下町でおやつとして食べられており、ゆるい生地で鉄板に文字を書きながら焼いたところから、文字焼き、それがもんじゃ焼きとなったとされます。
 現在は浅草や月島を中心に多数のもんじゃ焼き専門店が存在し、次々と新たな具や味つけのバリエーションがうまれており、東京を訪れる観光客の人気の品となっています。