ホーム日本全国 地域の宝 郷土食×地方創生偉人たちの郷土料理外伝東郷平八郎

強い日本海軍の力の源、おふくろの味として定着

 説明不要、おふくろの味として日本中で親しまれている料理。
 その発祥は明治維新後、イギリスに留学していた東郷平八郎が好んで食べていたビーフシチューの味を、舞鶴鎮守府司令長官を務めていた時期に艦上食として部下に試作を指示。イギリスで食べたビーフシチューとは異なる料理が完成したものの味が良く、またたく間に広がったのが肉じゃがの始まりと言われている。
 当時のレシピが舞鶴の海上自衛隊に残されていることを背景に、舞鶴市が「肉じゃが発祥の地」を宣言。また、市民有志が「まいづる肉じゃがまつり実行委員会」を設立し、イベントや各種活動を行っている。